酒飲みが将棋にハマったようです。

毎日がパーティー。今は将棋はあまりやってません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

石田流との力戦

昨日、将棋倶楽部24で最高R更新の連勝が止まりました。
石田流の力戦で負けました。
色々検討してみたので、是非ご覧ください。
何かアドバイスや質問があれば、この記事のコメント欄か、twitterで教えて頂けると嬉しいです。

棋譜を見るのが面倒な人は、下の局面図だけでも、是非!

私が後手で、フラ盤の棋譜では、後手を手前に表示してます。








気になった局面は以下の局面1。本譜のポイントの局面は以下の局面2と3だと思いました。

局面1.

6六馬と7八馬が考えられると思いますが、どちらが最善でしょうか?
私は6六馬が最善だとは思うものの、本譜のような猛攻を受けきらなければならず、怖いなぁとも思ってしまいます

局面2.

ここは受ける一手だったが、わからず8九馬としてしまいました。

局面3.

ここで受け間違って負けてしまいました

次は勝てるように頑張ります!

スポンサーサイト
  1. 2010/05/24(月) 13:23:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

どんな戦法を用いてるか(その2)

5月1日~今日までの将棋倶楽部24のレーティング対局で、自分がどんな戦法を使っていたか、まとめてみました。
ちなみに、前回の分析はコチラ

先手
相掛り
角換り 0勝1敗
横歩取り 4勝3敗
矢倉 0勝1敗
相居飛車力戦 2勝1敗
居飛車対振り飛車急戦 8勝3敗
居飛車対振り飛車持久戦
居飛車対ゴキゲン中飛車 0勝3敗
対早石田力戦
相振り
振り飛車対居飛車急戦 1勝0敗
振り飛車対居飛車持久戦
角交換振り飛車

後手
相掛り
角換り 1勝0敗
横歩取り 2勝1敗
矢倉 1勝1敗
相居飛車力戦 2勝1敗
居飛車対振り飛車急戦 3勝3敗
居飛車対振り飛車持久戦 1勝0敗
対早石田力戦 1勝0敗
相振り 1勝3敗
振り飛車対居飛車急戦
振り飛車対居飛車持久戦
角交換振り飛車

合計で
先手 15勝12敗
後手 12勝 9敗
でした。

居飛車対振り飛車の急戦がエース戦法で、横歩取りは最近採用数が増えてます。
どちらも、先手の方が指しやすい印象なので、先手を多く引いてるのは嬉しいですね。

苦手なのは、矢倉と対ゴキゲン中飛車ですね、どちらも勉強が必要です。
相振りも思ったより負けてました。。。

横歩取りと居飛車急戦の勉強が生きて、今日自己最高レーティングを更新して初の4級になれました
自己最高レーティングの更新は、高段の方から初心者の方まで、誰にとっても嬉しいことですよね

  1. 2010/05/22(土) 17:50:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

りんごとみかんさんと対局

ニコニコ生放送で将棋の放送をされているりんごとみかんさんと対局しました。
りんごとみかんさんは、今のように将棋の生主さんが多くなる前から放送されていた方で、
特に以前はハンゲームの将棋中継が主流だった中で将棋倶楽部24での対局を中継されてました。
真面目な雰囲気の方で、放送を見ると将棋の勉強にもなりますし、
関西にお住まいのようなのでコメントへのツッコミも欠かさない方ですw
棋風は居飛車党で、対振り飛車には糸谷流右玉なんかも指されます。

りんごとみかんさんから許可を得ましたので、コメント付きで棋譜を掲載します。









本局は、序盤こちらが横歩取りらしく飛車をブンブン振り回す展開になり、気持ちよく指せたと思います。
中盤に入る時にはこちらがやや優勢になっていたと思いますが、
私のミスもあって一発パンチを食らってから逆転模様になりました。
終盤は秒読みではとても難しい形になり、結局左上のスペースが広く、玉が安全になった先手がまた逆転したようでした。
中盤のこちらが優勢気味に進めていたあたりで、意外と次の手が難しい局面が多かったのが不思議な将棋だったと思います。

ニコニコ生放送での将棋中継は、縁台将棋のような良さがあるような気がします(といっても縁台将棋をよく知りませんがw)
皆であーだこーだ言いながら将棋を指すのはとても楽しいです
りんごとみかんさん、対局ありがとうございました(m_m)

  1. 2010/05/17(月) 12:05:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

横歩取りは楽しい

最近24のレーティング戦で調子がよく、だいぶレーティングも回復してきました。

今日指した横歩取りの将棋に色々コメントを付けて載せます。
気になる指し手などあれば、是非ご指摘ください(m_m)









横歩取りは、△4五角戦法は結構定跡を勉強して、実戦での勝率もそこそこいいんですが、
先手番の横歩は、自分から取るくせに勝率は悪いですw一手バッタリで負けちゃうこともしばしば。
本譜は今流行の8五飛戦法に遭遇(序盤は少し違うかもしれませんが)し、珍しくうまく指せたと思ったので紹介しました。

横歩取りは最近楽しいと思うようになってきました
8五飛戦法を自分が後手番を持って指すことも考えてみようかなと思います。

  1. 2010/05/12(水) 20:35:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大会を振り返る

今さら感満載ですが、4月29日に行われたニコニコ生放送での将棋大会の棋譜を見直そうと思います。

大会の方式は・・・文字で書いてもわかりにくいので図を描きました。
なんというフリーハンドw

大会


私は最も標準的な1次リーグからの参加でした。
持ち時間は5分、秒読みは30秒が3回あります。(詳しくはハンゲーム将棋弐で)

私のリーグの他のお二人は初めてどちらも見る方だったので、どのような棋力・棋風なのかが全くわからない中での対局です。
まずは1回戦。









角換りの序盤でのミスを的確に咎められて完敗でした。
3人のリーグなので、これで1位通過はかなり厳しくなってしまったと思いました。
しかし、まだ終わったわけではないので、気を取り直して第2局に臨みます。

後手番が私なので、盤面をひっくり返して表示してます。
手前が私です。









慣れない向飛車に挑戦しましたが、中盤でミスが続き、敗勢の将棋になってしまいました。
終盤でなんとか逆転できて結果、1勝1敗となりました。

最終的な結果は、なんと3人とも1勝1敗の三すくみの状態になりました。
この場合、10秒将棋を行って順位を決めます。
更に、第2局の対戦相手の方が都合の為、途中棄権となりまして、
第1局の対戦相手の方と10秒将棋を指して1位と2位を決めることになりました。









10秒将棋はしっかり読んでる時間が無いので、かなり指運の将棋になります。
再び角換りの将棋になり、今度はなんとか勝つことができました。

従って、かなりヒドい内容だったにも関わらず、色々な偶然があって1位通過が決まりました。


決勝トーナメントまでの間、2位・3位トーナメントや午後予選を観戦していましたが、
とてもレベルが高く、また通過人数もかなり少なかったので、もし自分が出てたら決勝トーナメントには絶対上がれなかったと思います。

全参加者(1次予選からの参加者+午後予選からの参加者+決勝トーナメントから参加の成績優秀者)は、
60人近くいたと思いますが、
その中から22人が決勝トーナメントに駒を進めました。

22人なので、決勝トーナメントの1回戦がシードになるブロックがいくつかあり、
抽選の結果、私はそのシードのブロックに入りました。

決勝トーナメント2回戦(ベスト16)
私にとっての決勝トーナメント緒戦です。









矢倉対右玉という経験の少ない形になりましたが、序盤から珍しくうまく指せて勝ち切ることができました。
これでなんとベスト8進出です。
自分の棋力からしたら随分とできすぎの展開ですw

続いて決勝トーナメント準々決勝です。









これはヒドいw完全にフルボッコでしたw
しかし実力的にこの結果は仕方なかったと思います。
対局終了後、相手の方が感想戦に付き合ってくれて、色々教えて下さりました。
普段24では対戦できないレベルの方と直接対局して、
さらに感想戦までして頂ける機会は大変貴重で、勉強になりました。

ということで、最終的な結果はベスト8でした。
沢山の方と対局して、課題が浮き彫りになりました。
そこをしっかりやればもっと強くなれるかも
とても楽しい大会でした。次回があれば、また参加させて頂きたいなぁと思っています。
運営して下さった方に心より感謝いたします(見てないと思うけどw)

  1. 2010/05/10(月) 18:07:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

天下一将棋会で強豪と遭遇

またやってきました、天下一将棋会。

途中、初めて天位の方と当たりましたが、なんとか勝つことができました。
一番強かった相手は、なんと勝率100%!27連勝中の7段の方でした!w
戦形はゴキゲン中飛車の出だしになり、



この局面で角交換から、丸山ワクチンではなくて、筋違い角のような力戦を仕掛けてみました。
以前ニコ生で見かけた手です。



ゴキ中へのマイナー対策ですが、序盤悪くなったという感じではなかった気がします。
実戦は難しい将棋になりましたが、さすが勝率100%の方だけあって、力負けしてしまいました。
帰り際に連勝ランキングを見たら、この相手の方がさらに連勝を重ねて30連勝になってました。凄い・・・。


今回は極位になれたところで終わりました。
天位は難しそうだから、一旦お休みにしようかなぁ。



対局中の画像も取りたかったが、余裕がないw



囲いのバリエーションも増えてきました。





  1. 2010/05/08(土) 13:55:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。