酒飲みが将棋にハマったようです。

毎日がパーティー。今は将棋はあまりやってません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2枚落ち

友人のkk氏が最近将棋を始めた
それで何度か2枚落ちで指した

実を言うと、私は以前、駒落ちがあまり好きではなかった
平手とは少しゲーム性が変わってしまうので、
本気で勉強するなら負けても平手で教えてもらい、上手の指し方から学んでいくのが良いと思っていたからだ。

しかし、kk氏と何局か駒落ちを指してみて、少し意見が変わった
指してみて感じた、駒落ちの一番の魅力は
「棋力が違っても、勝つか負けるかのギリギリの熱戦を楽しむことができる」
将棋は、勝つか負けるかのギリギリの熱戦が楽しいのだ
そして、何事も楽しむことが大切、上達にも繋がると私は考えている
その点から見ると、丁度いい手合いで指せれば、駒落ちってなかなかいいと思った
kk氏とは、初めて指した時は差があったけど、2局目~本局までは2枚落ちでまさに丁度いい手合いで、毎回熱戦を楽しむことができた。

先週、遂に2枚落ちで負けた
棋力的にはいつ負けてもおかしくなかったと思うので、仕方ないが。
本人の許可も得たことなので、ここで棋譜を紹介します










うむ、しっかり攻められて完敗だった。
いつも週末に指してるので、今週末からは飛車落ちをやる予定。
飛車落ちでは、すぐ負ける訳にはいかないな・・・

ところで、2枚落ちってどのくらいの棋力差で丁度いいんだろう?
戦力を見ると、大駒が無いのでやはり大差なんだけど、
将棋って「駒の働き」が凄い重要だと思うから、上手が全ての駒をうまく使えたらかなり強いような気がするんだけど・・・
実際、私は24高段者に2枚落ちで勝ち越せる、と自信を持って言うことはできません・・・orz
う~ん、でも2枚落ちの手合いの人と平手で指すと、確実な差が出るしな~。
この辺はまだ、よくわかりません

いずれにせよ、将棋を指す友人が一人増えたことがとても嬉しいです。
ネット将棋ではなく、実際の盤駒で指すのはとても楽しいです。
特に私は大人になってから将棋を始めたので、将棋を指す友人は少なく、貴重な存在です
スポンサーサイト


  1. 2009/11/21(土) 00:41:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<24レーティング戦復帰 | ホーム | 居飛車も指そう 途中経過>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alcoholyk.blog60.fc2.com/tb.php/36-0908c2e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。