酒飲みが将棋にハマったようです。

毎日がパーティー。今は将棋はあまりやってません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ハッシーの本と天下一将棋会

ハッシーの本


ハッシーの本を買って読みました。以下、感想
中終盤に注目して書かれている。特に終盤は将棋で一番大事だと思うので価値が高い。
中終盤なので、序盤の定跡本と違って、長手数の解説を追う必要がない。
ハッシーが強調する「大事な一手」を理解することがポイント
ハッシーの語り口はとてもわかりやすく、また最初のほうはかなり易しい内容なので、初心者の方にもオススメ

レベル的には24初心~中級(あるいは上級)くらいかな?
定跡本を読むときはいつもパソコンの将棋盤に並べないと追えない私ですが、
この本は盤無しでも読めました。移動中に読めたので、その点はとても良かったです。

天下一将棋会


またやってきましたw
今回はあまり時間がなかったので、4局(3局勝利+ボーナス1局)のみで。
段位は現在5段です。
だいぶ苦戦するようになってきました。
実際、今回4勝できましたが、その内2局は負け模様からの逆転勝ちでした。

天下一将棋会では、「どういう戦法をよく用いているか」「どの駒をよく動かしているか」などの細かい個人情報が閲覧できます。
ただし、自宅のPCから見るためには月々315円もかかるので、もちろん見れませんw
アーケード本体で見ることができますが、プレイ終了後の30秒くらいだけなので、落ち着いて見ることができませんw
今回、その短い時間で写真を撮ってきましたが、見切れてますw
ということで、見切れてるところは推測でw


のグラフは「どの駒を何回動かしたか」
右側のグラフから推測するに、駒の価値が低い順に並んでると考えられます。
よって、左上から、歩・香車・桂馬・銀・金・角・飛車・玉
銀が多いのが特徴ですかね
私は薄くて広い玉でフラフラ逃げ回るのが好きなタイプなので、玉が意外に少ないかな
のグラフは正確にはわかりませんが、のグラフの左側とよく似てるので、同じようなデータでしょう。


オレンジのグラフは「使用した囲いの種類と回数」
舟囲いが2回か~、もっと使ってる気がしたけど
全体的に囲ってないな~w
左側は上から、本美濃囲い・片美濃囲い・高美濃囲い・銀美濃囲い・ダイアモンド美濃囲い・銀冠(振り飛車)・銀冠(居飛車)・ミレニアム・金無双、かな?自信ないけど。
ピンクのグラフは「どの筋に何回飛車を振ったか」
推理すると、上から順に、居飛車・袖飛車・右四間飛車・中飛車・四間飛車・三間飛車・向かい飛車・その他
最近はもっぱら居飛車なので、居飛車がほとんど。
四間飛車を一回指したのは覚えている。
袖飛車なんて指したっけ?w流れの中でそうなっただけだろうな。
その他ってなんだろうw
スポンサーサイト


  1. 2010/04/08(木) 10:00:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<天下一将棋会 | ホーム | コンピューターvsプロ棋士ついに大決戦?>>

コメント

No title

ハッシーの本ですかぁ。
僕もすこし気になりますw
  1. 2010/04/08(木) 21:54:55 |
  2. URL |
  3. 炎護竜 #IhZZGhto
  4. [ 編集 ]

No title

細かい数字が出るんだね。
赤のグラフは「歩+と金」、「香車+成香」、・・・
の数と一致するので、成も含めた回数みたいですね。
にしても歩と銀で半分近くを占めるなんて結構驚き
9枚もある歩が多いのはわかるけど、銀がおおい
  1. 2010/04/09(金) 00:16:35 |
  2. URL |
  3. k #-
  4. [ 編集 ]

No title

炎護竜さん、コメントありがとうございます。
ハッシーの本、とても勉強になるのでオススメですよ^^

k君、コメントありがとう。
こういう数字を出すのは将棋界では珍しいと思う。面白いよね。
銀が多いよね、自分としても少し意外なんだけどw
  1. 2010/04/09(金) 08:44:24 |
  2. URL |
  3. alcoholyk #ILnYFO8M
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alcoholyk.blog60.fc2.com/tb.php/54-0375a1b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。