酒飲みが将棋にハマったようです。

毎日がパーティー。今は将棋はあまりやってません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

横歩取り4五角戦法の変化

最近ニコ動でプチブーム(?)の横歩取り4五角戦法
私も実戦で何度か指してます。
昨日の24のレーティング対局で、気になる手があったので、個人的メモ代わりに書きます。

は後手が私で、定跡にあるとおり△6六銀と打ち込んだところ



ここでの定跡は▲3三香成や▲5八金ですが、▲8七飛という手を指されて、初めて見た手だったのでビックリしました。



長考の末、△5三銀成としました。以下、▲5二歩に今取った一歩を使って△8六歩。そして▲7七飛。



図での最善手は何でしょうか?
問題にするほど難しくはないかもしれませんが、
実戦では私は最善手を見つけれず、負けてしまいました><
で「続きを読む」を実験してみるので、考えたい人は開かずに考えてみてくださいw



以下は本譜ではなく、参考変化です。
(柿木将棋Ⅷが出した)答えは、△8七飛でした。
考えられる応手は、

まず、▲3三香成の攻め合いは、△8九飛成▲6九桂に△6六桂などと攻めて明らかに後手勝ち。



▲5七歩でも△8九飛成と進めて、後手の攻撃が続き先手の飛車が遊びそうなので後手よし。



▲8七同金なら△同歩成の瞬間が6八金の詰めろになってるので後手勝ち。



▲8七同飛なら△同歩成に、▲同金は△7九飛から攻めきれる。▲5七歩なら△7八とと取っておいて十分。よって▲7九金の辛抱くらいだが、一例としては、△8八と▲3三香成△7九と(詰めろ)▲5七歩△6七角成(詰めろ)と迫って、4五角戦法は成功と言えると思います。




ちなみに、本譜では、問題図から私は全然手が見えず、ヒヨりまくって△4七成銀。
まだ不利になったわけではなかったかもしれませんが、
その後、▲3三香成に△2六飛から2筋を無理やり突破しようとしましたが、最終的には攻めきれず負けてしまいました。
スポンサーサイト
  1. 2010/04/27(火) 09:54:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<天下一将棋会で強豪と遭遇 | ホーム | 24、天下一将棋、ウイイレ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alcoholyk.blog60.fc2.com/tb.php/59-6e59ba12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。