酒飲みが将棋にハマったようです。

毎日がパーティー。今は将棋はあまりやってません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大会を振り返る

今さら感満載ですが、4月29日に行われたニコニコ生放送での将棋大会の棋譜を見直そうと思います。

大会の方式は・・・文字で書いてもわかりにくいので図を描きました。
なんというフリーハンドw

大会


私は最も標準的な1次リーグからの参加でした。
持ち時間は5分、秒読みは30秒が3回あります。(詳しくはハンゲーム将棋弐で)

私のリーグの他のお二人は初めてどちらも見る方だったので、どのような棋力・棋風なのかが全くわからない中での対局です。
まずは1回戦。









角換りの序盤でのミスを的確に咎められて完敗でした。
3人のリーグなので、これで1位通過はかなり厳しくなってしまったと思いました。
しかし、まだ終わったわけではないので、気を取り直して第2局に臨みます。

後手番が私なので、盤面をひっくり返して表示してます。
手前が私です。









慣れない向飛車に挑戦しましたが、中盤でミスが続き、敗勢の将棋になってしまいました。
終盤でなんとか逆転できて結果、1勝1敗となりました。

最終的な結果は、なんと3人とも1勝1敗の三すくみの状態になりました。
この場合、10秒将棋を行って順位を決めます。
更に、第2局の対戦相手の方が都合の為、途中棄権となりまして、
第1局の対戦相手の方と10秒将棋を指して1位と2位を決めることになりました。









10秒将棋はしっかり読んでる時間が無いので、かなり指運の将棋になります。
再び角換りの将棋になり、今度はなんとか勝つことができました。

従って、かなりヒドい内容だったにも関わらず、色々な偶然があって1位通過が決まりました。


決勝トーナメントまでの間、2位・3位トーナメントや午後予選を観戦していましたが、
とてもレベルが高く、また通過人数もかなり少なかったので、もし自分が出てたら決勝トーナメントには絶対上がれなかったと思います。

全参加者(1次予選からの参加者+午後予選からの参加者+決勝トーナメントから参加の成績優秀者)は、
60人近くいたと思いますが、
その中から22人が決勝トーナメントに駒を進めました。

22人なので、決勝トーナメントの1回戦がシードになるブロックがいくつかあり、
抽選の結果、私はそのシードのブロックに入りました。

決勝トーナメント2回戦(ベスト16)
私にとっての決勝トーナメント緒戦です。









矢倉対右玉という経験の少ない形になりましたが、序盤から珍しくうまく指せて勝ち切ることができました。
これでなんとベスト8進出です。
自分の棋力からしたら随分とできすぎの展開ですw

続いて決勝トーナメント準々決勝です。









これはヒドいw完全にフルボッコでしたw
しかし実力的にこの結果は仕方なかったと思います。
対局終了後、相手の方が感想戦に付き合ってくれて、色々教えて下さりました。
普段24では対戦できないレベルの方と直接対局して、
さらに感想戦までして頂ける機会は大変貴重で、勉強になりました。

ということで、最終的な結果はベスト8でした。
沢山の方と対局して、課題が浮き彫りになりました。
そこをしっかりやればもっと強くなれるかも
とても楽しい大会でした。次回があれば、また参加させて頂きたいなぁと思っています。
運営して下さった方に心より感謝いたします(見てないと思うけどw)
スポンサーサイト


  1. 2010/05/10(月) 18:07:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<横歩取りは楽しい | ホーム | 天下一将棋会で強豪と遭遇>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alcoholyk.blog60.fc2.com/tb.php/62-9eadf8ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。