酒飲みが将棋にハマったようです。

毎日がパーティー。今は将棋はあまりやってません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

サンフランシスコ旅行記 2日目

2日目サンフランシスコ時間 2012/3/27
この日のメインプランはなんといっても、夜のNBA観戦

昨夜は結局あまり寝れなかった。
朝はホテルでダラダラ過ごす。

10時過ぎにホテルを出て街をブラブラ。

SF 005a

お昼は現地の人御用達らしい「Shawn Oyster Depot」
行く前にインターネットで調べていた
Swan Oyster Depot (San Francisco) : vivid memories

サンフランシスコ名物のクラムチャウダー

SF 008a

超味濃い!!と思ったけど、一緒に頼んだパンにつけて食べると最高に美味い!!
(アメリカで食べた物の中でこれが1番美味かったかも)

牡蠣

SF 009a

写真撮る前に一個食べちゃったw
うーん、美味しいんだけど…。普通。

店員さんがよく喋る人で、凄い色々説明してくれてたけど、何言ってるかさっぱりわからない。
牡蠣の説明で途中「ミヤギ」って聞こえたと思ってたら、本当に宮城の牡蠣だったらしい。熊本もあった。

なんだかんだいって結局クラムチャウダーも飽きてきて(やっぱりクドかった)おなかいっぱい。
アメリカの料理、後味にサッパリ感が皆無。

チップを払って店を出る。

ああ、お茶が、お茶が飲みたい。

そうだ、このまま街ブラしてジャパンタウンに行こう。それほど遠くなかったはず。

途中の街並

SF 010a

SF 012a

ジャパンタウン

SF 014a

街を見ながら歩くと楽しいから気にはならなかったけど、結構遠かったので、足は疲れた。

紀伊国屋など日本のオーソドックスな店から、侍、着物など、外国人ウケしそうな物を扱う店まで、色々。
客層は、日本人以外のアジア人が多い感じ。もちろん日本人やアメリカ、ヨーロッパっぽい人もいるけど。

ひと通り回った後、ダイソー(笑)でお茶のペットボトルを3本買う。

SF 015a

お茶、うめえええええええ!!!!!!

いや、マジで美味かった。クドクドしたアメリカ料理の後味を癒す、緑茶。日本人だなぁ。

歩き疲れたので、ジャパンタウンの広場のベンチで少し休む。

休憩後、Filmore st. から California st. を通ってホテルへ戻る。

SF 018a

因みに、アメリカの道は京都のように碁盤の目状になっていて、交差点にはほぼ確実に通りの名前が書いてあるので迷うことはない。

Filmore st. と California st. のクロスするところにあった喫茶店 Royal Ground Coffee で休憩

SF 019a

たまたま隣りに座っていた女性に話しかけられる。
ドイツから来ているらしい。
なんと、たまたま俺と似た仕事をしている人で、この仕事の楽しさ・難しさについて話す。
自分の仕事はドイツにも関わってるから、そのことも話す。
とても楽しい時間になった。
一人旅の最大の魅力ってこういう出会いかもしれない。

ホテルに戻り、翌日のワインツアーの迎えの車が何時に来るのか電話で聞く。
これ、聞かなくても朝待ってればいいのかと思ってたら、資料を見直すと電話で聞くことが「必要」と書いてある。
アメリカで電話なんて当然したことない俺にはハードルが高すぎる。
喋る内容の英語を用意して、いざ、かける。

「ハ、ハロー」

しかし、機械音しか返ってこない

なんと、音声案内で、ダイヤルで操作する仕様だったのだ。
もちろん、音声案内の英語は何を言っているかサッパリわからない。

これにはさすがに固まった…。

しかし、固まってると、オペレーターの人が出てくれた。
なんとか用意した英語で翌朝の迎えの時間を聞いた。8:20とのこと。

さて、この後は遂にNBA観戦へ。
15:30頃、かなり早いけどホテルを出発。
まず、ケーブルカーに乗る。

SF 110a

ホテルの側の駅はこの路線の出発点
客はいるけどまだ乗車員がいない?

SF 020a

いつ出発するんだろう?

SF 021a

あ、運転手の人がきた!

SF 022a

出発してみると、道の真中をガタンゴトンいって進むのが楽しい

が、寒い。

ただでさえやや寒いサンフランシスコで、ノーガードで風の中を走るのでガチ寒い。

運転手以外のもう一人の乗車員(黒人)が料金を貰いに来た。
料金の6ドルを払った。
しかし、黒人の乗車員は何か言っている。『Hey! My foot ナンタラカンタラ』
何を言っているかはわからないが、チップを要求しているのだろうか?
しかし、なぜ俺にだけ要求する…
やり方もわからないので払わなかった。
黒人は『Too bad!!!』と言っていた。怖かった。もうケーブルカーには乗らないと誓った。

Embarcadero駅でBARTに乗り換えるのだが、時間があるのでベイブリッジ周辺を散策

SF 023a

SF 026a

SF 030a

BART(電車)でNBA会場近くの駅まで行く

SF 025a

チケットの買い方が最初わからず四苦八苦
わかっちゃえば簡単
NBA会場付近の駅について、まずは帰りのBARTのチケットも買ってしまっておく。
(Jリーグ観戦などでも基本のテク)
券売機を操作していると、黒人が近づいて話しかけてきた。
小銭をもって何か言っている。
何を言っているかはわからない。
良いことかもしれないが、悪いことの香りがプンプンするので、「No. No.」と言って、とっととチケットを買って去る。
怖かった。

駅を出ると、まずメジャーリーグの球場

SF 038a

以前、松井秀喜も所属した、現在は中島が所属するアスレティックスのホームスタジアムだ。

NBAの会場オラクルアリーナはその裏にある。

SF 040a

試合開始1時間半以上前ながら、どのエントランスも凄い行列

SF 041a

開場し、中に入る。結構金を出していい席を取っていたのだが、本当にコートが近い!大興奮

SF 043a

夕飯がまだだったので試合前に腹ごしらえ

SF 046a

ハンバーガーとビール
アメリカではハンバーガーばっかり食ってた気がする。美味い。
隣にある青いのは観戦者全員に配られてたデビッド・リーの人形。

いつもテレビで見てたあのスクリーンに心躍る

SF 047a

そして、試合開始

SF 056a

試合の方は互いに流れを掴んだ方が一気に得点を重ねるハイスコアのシーソーゲーム

ウォーリアーズのエース、ステファン・カリー

SF 061a

得点力とドリブルの技術は知っていたが、現地で見て気づいたのはその視野の広さ
もちろん、得点力があってマークが厳しくつくからなんだけど、それで空いたスペースを絶対に見逃さない
どこまで見えてるんだっていうところに、正確なパスが出る
この日も15アシストくらいしてたんじゃないだろうか。

カリーのパスから生まれるリーやボーガットのダンクも最高だった!

試合はウォーリアーズが負けてしまったけど、大満足の試合観戦だった。

帰りはBARTでPowell駅まで。
BARTのNBA会場付近の駅では黒人がフザケて騒いでて怖かった。
Powell駅からは、もう遅いのでタクシーで。
タクシーも初めてで怖かったが、良いタクシーに当たって安心。無事帰宅。

ホテルでビール的飲み物を2本飲んで就寝。
ヒートの連勝記録をブルズが止めたらしく、ニュースでめっちゃ取り上げられてた。

SF 066a

スポンサーサイト


  1. 2013/04/02(火) 08:01:56|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<サンフランシスコ旅行記 3日目 | ホーム | サンフランシスコ旅行記 1日目>>

コメント

エイプリルフールじゃなかったのか……!

続きはよ!
  1. 2013/04/03(水) 07:34:00 |
  2. URL |
  3. hakase #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> エイプリルフールじゃなかったのか……!
>
> 続きはよ!

タイミング的にエイプリルフールとカブっちゃったよねw
  1. 2013/04/04(木) 07:26:11 |
  2. URL |
  3. ginro1113 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alcoholyk.blog60.fc2.com/tb.php/82-8edb469e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。