酒飲みが将棋にハマったようです。

毎日がパーティー。今は将棋はあまりやってません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告









  1. 2012/10/27(土) 20:10:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

天下一将棋会2プレイしてきました

天下一将棋会2
URL

注目すべき変更点は
プロ棋士の出演
全国段位別対局が全国順位戦にシステムチェンジ
エフェクト等の追加
でしょうか。

私は極位だからか、順位戦はC級1組からのスタートでした。

今回、中原囲いのエフェクトを確認したので、なんとか写真に収めようと思ったのですが、全然ダメでしたw



何も映ってないw
左下に辛うじて映っているのは上田初美女流
プロ棋士が立会い人になってくれるという新要素です。

今日の成績は
○○○○○×○○
3連勝状態でスタートだったので、8連勝までいったのですが、またもや天位昇格ならず(天位昇格は10連勝が条件)

本日最後の一局は、天下一将棋会でかなり名前の知れてる天位のプレイヤー(勝率約90%、タイトルホルダー)が相手でした。

絶対勝てないよwwと思ったけど、格上の人との対局は気持ちが燃えてきます。
逆に相手の方は油断もあるのでしょう。
なんと、勝ってしまいました!



詳しい棋譜はコチラ









後は恒例の対局後に見れるデータの写真
ゆっくり撮影する時間なくw


ブレすぎすみませんw
中原囲いなど、囲いの種類が大幅に増えてますね!


時間がなくて
あまりチェックできませんでしたが、戦法についての情報もあるみたい(?)です。

  1. 2011/02/11(金) 21:58:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

久しぶりに天下一

今日久しぶりに天下一指しました。

一局目:先手私。
相掛かり系の力戦に。
相手の方が定跡をまるで知らないみたいだったので
序盤で少し優位になったかと思った
しかし、時間使ってじっくり読む、という自分らしい将棋が指せず、
時間残して負け。
ブランクがあると戦いの感覚が掴めません。

二局目:先手私。
一局目の反省から、しっかり時間使うことだけに集中してプレイ。
相手の方は四間飛車。
自分の研究では4五歩早仕掛けにいく展開になったので決行。
定跡研究のおかげで序盤は時間を使わずにいい手を指せた。
中終盤にしっかり時間使って完勝。

3局目:先手私。
相手の方が後手で相掛かりを受けてくれたので相掛かりの定跡形に。
意外とじっくりした駒組みになり、組んだ後はこっちがわずかに悪かった気がした。
しかし、どうやったか忘れたが、逆転勝ち。(この人は今日戦った中では一番強いと感じたけど、終盤を投げやり?適当?に指してる気がした。)

4局目:後手私。3局目の方と再戦。
相手▲2六歩(今度はこっちが先手で相掛かりじゃ!)
私△3四歩(何だ。後手じゃ相掛かりやらんのか。)
▲7六歩(じゃあ横歩だ!)
△5四歩(お前、居飛車党じゃないのかよ!)
カッコ内は相手の心理についての私の妄想です。
人が少ない時間帯に天下一やると連戦になってこういう駆け引きできるのも楽しいw
対局はこちらのゴキ中が多分序盤うまく指せてなくて、それを咎められた感じだったんだけど、
またなんか忘れたけど逆転勝ち。
記憶力悪いんです。ごめんなさい。
無料の棋譜保存機能を強く希望します。コナミさんお願いします。

5局目:後手私。1局目の方と再戦。
また相掛かり系の力戦形になった。
今度はジックリではなく引き飛車+棒銀でいってみた。
これが功を奏して、序盤から作戦勝ちして勝利。

現在極位で、連勝4です。
5連勝くらいは結構いくんだけど、その後が厳しいです。
なんとか天位になってみたいものです。

---

文章だけでわかりにくくてごめんなさい。
一応、以前天下一について記事を書いてた時の様な画像は用意してたのですが
FC2が「ファイルのサイズが大きすぎます」と言う!前はそんなことなかったのに!><

  1. 2010/12/20(月) 23:19:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

横歩取り4五角戦法の実戦から

ニコニコ生放送で、24高段の方がフリー対局で誰とでも指します、という放送をしていたので教えてもらいにいきました。
この方は横歩取りを得意とされていて鋭い攻め将棋が格好いいなと思って、よく見に行ってます。

相手の方は、横歩取りを先後とも指す方で、
後手番ではほぼ毎回8五飛戦法、
先手番での対8五飛は新山崎流、という方だったので、
もし自分が先手になったら、対8五飛の自分の研究を試す
もし自分が後手になったら、新山崎流で気になる局面以下を指して勉強させてもらう
という気持ちで対局をお願いしました。

始まってみると、私が先手。
よし、研究をぶつけるぞ、と思っていたら、
相手の方が4五角戦法をやってきました!w
私は4五角戦法は横歩の中では一番詳しく研究してるので、強豪の相手といっても負けたくないぞ、と思い指しました。
詳しい手順と感想は以下のフラッシュからどうぞ。









  1. 2010/11/25(木) 23:27:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あじゃ盤(テスト)


あじゃ盤


  1. 2010/11/08(月) 19:03:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。